2007年09月14日

包帯クラブ/天童荒太

誰かが傷ついた場所に、そっと包帯を巻く。
ただそれだけのこと。

でも、大事なのはその行為じゃなくて、
誰かが傷ついたっていう事実を見詰めて
それを受け止め、癒そうとする気持ち。

なんじゃないかと思う。


やってることは一見暗いし、話に聞いただけじゃ何だか微妙。

だけど、不思議に明るくて楽しいメンバーたち。
そして読んだ後に心に残る気持ちの良さ、心地良さ。

とっても絶妙なバランスの小説だと思う。

良かった。


※ 同名の映画の原作です
posted by きく at 23:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 本、漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
包帯グルグル巻きーって事で、ミーラ作りのクラブかと思った。(笑
Posted by ちゅう at 2007年09月15日 04:09
「包帯クラブ」、今日から公開でしたね☆
すごく見たいんですよ〜〜〜><

小説も読みたくなりました。
Posted by ひじムタ at 2007年09月16日 00:47
>ちゅうさん
死体損壊。。。(TT

>ひじムタちゃん
私も映画観たい!
原作は登場人物の心理描写がよく分かるから好きなの。
文字と映像って、別物だよね(><
Posted by きく at 2007年09月17日 09:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。