2006年05月15日

東京タワー/江国香織

東京タワーが見える街の、
年上の女性と関係を持つ19歳の少年、2人の物語。

年上の女性、は同じでも
一人はひたすら純粋に彼女を思い
一人は楽しみのひとつとして彼女を思う。

2人のそれぞれの生活が、かわるがわる描かれて
一方は静、一方は動、というイメージかな?

多分、女性の一人である詩史さんの雰囲気のせいなのだろうけれど
読み終えた感は、静かな感じ。

恋愛もの、といえばそうなのかもしれないけれど
全然分からない、という人もいるだろうなぁ。。

詩史が静か過ぎて、その想いの深さが
なかなか読み取れなかった。

でもやっぱり許されない関係だよね。。。
悲しくなるばかりの関係だと思う。

どんなに好きでもね。。。
というか、好きだからこそ、かな。。


この雰囲気は好きだけど。
やっぱり江国香織の文章は綺麗!


映画はまだ観てないので、そのうち観ようかと。
posted by きく at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 本、漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この前夜中にTVで放映したの見ました。
黒木瞳と岡田准一が出てましたけど…
20歳の年齢差ってどうなんだろうね?

きくさん少年に手出しちゃダメですよ〜d(・∀・;)
Posted by ぽぽりん at 2006年05月16日 22:36
黒木瞳と岡田君って、綺麗過ぎですよね(><)
映画も楽しみなのです!

少年でも年の差があっても、お互いに
愛し合ってるならいいと思いますけどね。
もちろん不倫とかじゃなくて。。。;
Posted by きく at 2006年05月17日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。