2006年01月13日

ねじの回転(上)/恩田 陸

近未来、過去へのタイムスリップが実現するが
過去の歴史へ介入したことにより全世界にとある病気が蔓延し、
人類は絶滅の危機に瀕する。
その未来の危機を救うため、過去を修復してやり直すという
プロジェクトが組まれるが――

というストーリー。

前半のうちは、今までの作品とは少し趣が違う感じがしましたけど
後半あたりからやはり恩田調が出てきましたね。
(マッドサイエンティストなアルベルトなんて特にそんな感じ!)


突っ込みたくなるところもありますが、
今までにないようなストーリーなので、それなりに面白いです。

後半がどんな風に進んでいくのか、どう終結するのかが楽しみなところです。

posted by きく at 00:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 本、漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11631121

この記事へのトラックバック

ねじの回転
Excerpt: ねじの回転 ・読み : ねじのかいてん ・著者 : 恩田 陸 ・発行 : 集英社 ・発行日 : 2002/12 ・定価 : 1,680円 人類を悲惨な運命か..
Weblog: 恩田陸を読む
Tracked: 2006-02-03 20:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。