2008年12月15日

「限りあるからこそ大切にしたいもの」

前回までのブログで、
酵素は、人間が生きていくうえでとても重要な
(というより必要不可欠な)物質だということをお話しました。

この酵素、人間の体内で生成できる量は
一生のうち一定量だけだということが、近年の研究で分かりました。


つまり年をとっても、若く健康でいるためには
なるべく体内の酵素を使う量を抑えれば良いのです。

ちょっとずつでも使う酵素の量を抑えられれば
万が一、何か病気にかかったときでも
その酵素の力で回復できます。

また、そういう生活をしていると、
代謝も良くなって、お肌の回復力もUPします。


いいことがたくさんあるのですo(^-^)ov


では、体内の酵素を使う量を減らすにはどうしたら良いか。


答えは単純で、
外から酵素を取り入れれば良いのです *


食べるものから酵素を取り入れ
消化には その酵素を使われるようにすれば
体内の酵素を使う量を減らすことができます。


食べるものから酵素を取り入れるには、ちょっとしたコツがあります。


次回はそのコツについて、書いてみようと思います☆
posted by きく at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。