2005年12月12日

模倣犯(一)/宮部みゆき

ずっと読みたいと思っていた小説です!
ハードカバーは重い&高い&収納に困るので
文庫版になるのを今か今かと待ち構えていました。

SMAPの中居中が犯人役を演じたことでも話題になった映画版を
以前TVで見ているのであらすじは大体分かるのですが、
やっぱり小説は感情描写や状況が細かく描かれていますし
映画の深さとは全然違う感じがします(>_<)

内容なのですが、最初からスピード感があって、
どんどんのめり込めるストーリー展開で、
あっという間に1巻を読み終えてしまいました。
休憩時間(読書タイム)が全然足りない!

宮部みゆきは、歴史ものはすごく好きなのですが
現代版の小説は今まであまり夢中になれなかったのですけれど
『模倣犯』は、すごい好みなストーリーです。


続いて2巻に参ります!

posted by きく at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。