2008年08月07日

日々是好日



先日、とある方のコーチングを受けてきました☆

とあるきっかけで知り合ったその方は、
普段は企業向けコンサルや自社経営で起業家を育てる傍ら
セミナーを開くなどして人材育成にも励んでいらっしゃいます。

彼を指して、ある起業コンサルタント曰く、
「彼はリーディングの達人だ」
と。

リーディングと言っても読書ではなく、
相手の状態や感情を読み取る能力のことだそうです。

相手が今どんな状態にいるか、どんな問題を抱えているかを
話の中で読み取っていく。
「だから、彼は絶対的」って。

実力主義というか成果主義というか
そんな雰囲気を受けるその人が、そこまで
「絶対」と言いきるのが、私としてはとても意外だったのですけれど

でも今日のコーチングで何となく分かった気がしました。
まだまだきっと、何となくなんだと思います。

自分では意識していなかったこと、
気付いていたのかもしれないけど考えもしなかったこと、
コーチングの後半で話が出て、ちょっと驚きました。
言われてみれば、確かにそう。
何で私、こんなにがんばっちゃってるんだろう?
そしてそれが、何でこんなに楽しいんだろう?
以前はむしろ、苦痛だったはずなのに。
(誰かに頼ってばかりだったんですよ。)

そして今日のセミナーは
「未来予想図を描く」だったのですが
昨日コーチングしてもらったことの原因が、その中ではっと分かって
なんだかよく分からないけれど、涙が出そうになりました(><、

悲しかったわけじゃないし、嬉しかったとも違うし、、、
気付いたことに対する感動?と言えばいいのかなぁ、
うまく表現できませんけれど(><、


ともあれ、私は今、人生がめっちゃ楽しいです。
ほんと、生きてて良かったぁ!と思います。

あのときたくさんメッセージを投げかけてくれたHOTOKUさん、
いしまつさん、圭さん、
ほんとにほんとにありがとうv

最後はやっぱり感謝の気持ちな、きくでした。(*^^*)


※ TOP写真と本文が、まったく関連性なくて、すみません。
  インスピレーションで、選んでます。。。笑
posted by きく at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いえいえ、ワテはただ笑いが取れればよかっただけです(笑)
しょーもない事言うただけ。

笑いが取れたら嬉しい大阪人の性(爆)
Posted by HOTOKU at 2008年08月10日 00:42
>HOTOKUさん
あはは(*^^*)
笑いの中にもあったかさがあるから、
嬉しく感じるのかもしれないですねv
Posted by きく at 2008年08月10日 07:13
涙がでそうになったのは深い「共感」を得られたからかな?
毎日前向きに楽しめばニチニチコレコウジツ-(・∀・)v
Posted by ぽぽりん at 2008年08月10日 14:40
>ぽぽりんさん
共感とは違いますね、自分のことが分かったことに
対する感情…でしょうか。
毎日楽しすぎて幸せですよ!
Posted by きく at 2008年08月10日 18:56
充実してるみたいで、うらやましいです
躁じゃないですよね

僕はいつも聞かれたことに対して自分の思うことを
そのまま答えています
相手に好かれようと答えを選ぶようでは
それは相手のことを真剣に考えていないか
もしくは下心だと思います

きくさんは正しい選択肢がわかっていても
その時の自分の気持ちを大事にする人だと思うので
例え話や作り話、他人の例なんて効果なし

ただ自分の出した答え、選んだ選択肢から
導き出された結果を他人のせいにしたり
することもないので、いいと思います

コーチングやリーディングのことは
よくわかりませんが

最近の僕は時間と能力が欲しくて
目の前の仕事をサラサラと片づけつつ
家族と不安なく楽しく生活できれば
いいかなと思っています
もうちょい給料欲しいかな

いろいろ勉強して教えて下さいませ
Posted by いしまつ at 2008年08月13日 15:12
>いしまつさん
躁ではないですね、傍から見たら
見分けが付かないかもしれませんけれど。。(><;

いしまつさん、いつもぱっと、本音を仰ってくれるので
そういうのが苦手という人も、いらっしゃいますけど
私はとても話しやすいですo(^-^)o

手軽に学びを得るなら、やっぱり本が一番だと思います。
今、いしまつさんのコメントを読んでぱっと思いついた本だと・・・
「レバレッジ・リーディング/本田直之」

ご興味があれば、ぜひ(^^
Posted by きく at 2008年08月13日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。