2011年03月17日

福島の被災地から避難民への援助

信頼する知人のハナリンさんが、日記にて公開されていらしたので
転載させていただきます。

ハナリンさんのご実家は、私と同じ福島県白河市。
心から信頼でき、安心して託せると思い、私も支援させていただきました。

以下、一部抜粋。
--------------------------------
福島県西会津町の佐藤昭子さんが続々と福島県東部から避難してやってくる福島原発の
被災者の方々向けの「おかゆの缶詰」を作る資金に対して募金を求めています。

【佐藤昭子さんからのメッセージ】
今、福島県浜通から、たくさんの方が会津に避難されてきています
食糧が、これから、どのくらい必要なのか想像することさえできません

現在、会津の備蓄米で、たぶん、10000個のおかゆの缶詰がつくれると思います
おかゆは、水が多いので赤ちゃんやお年寄りにやさしいです

ご支援いただいて、できるかぎり「おかゆの缶詰」作りつづけます
そして、避難所の赤ちゃんとお年寄りを対象におかゆの缶詰を届けます
約束します
キノコのママのできること
食料をつくることです
がんばります
--------------------------------



以下、転載させていただきます。
=====================================================================

福島県西会津町の佐藤昭子さんが続々と福島県東部から避難してやってくる福島原発の
被災者の方々向けの「おかゆの缶詰」を作る資金に対して募金を求めています。

彼女は自家の備蓄米を全て使って1万食の「おかゆの缶詰」を作り、
避難所に届けようとしています。
1個につき200円のコストがかかります。ひとくち5000円の募金をお願いします。

5000円で250食分のおかゆの缶詰ができます。
佐藤昭子さんは福島県西会津で着実な地域振興活動をされている方で私の友人です。

佐藤昭子さんに対する支援の詳細と送金先はこちら。
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/archive/39

以下、サイトより

募金先(ひとくち5000円でお願いします。)
++楽天銀行決済(旧イーバンク銀行)++
金融機関名 楽天銀行
支店名   ダンス支店
口座種別  普通
口座番号  3085234
口座名義  サトウ アキコ
または
+++++++++ゆうちょ銀行++++++++++
店名 二二九(ニニキュウ)店(229)
預金種目 当座
口座番号 0117363
口座名称 株式会社 キノコハウス
口座名称(カナ) カ)キノコハウス

佐藤昭子さんのブログです。
http://plaza.rakuten.co.jp/nishiaizuinaka/

以下、佐藤昭子さんからのメッセージです。

【被災者用缶詰のおかゆ製造支援のお願い】
西会津のキノコのママ 佐藤昭子です
被災者用の缶詰のおかゆがまもなく完成します
1500ヶつくれました
1ヶつくるのに、約200円かかります
外注加工費や避難所に持っていくガソリン代等です
キノコのママの備蓄米や
年間販売しているお客さまの備蓄しているお米のご寄付いただきつくらなくては
ならなくなりました
今、福島県浜通から、たくさんの方が会津に避難されてきています
ものすごい人数になりそうです
福島原発の被爆からの避難です
食糧が、これから、どのくらい必要なのか想像することさえできません
おかゆの製造は、おかゆの加工所に頼んでいます
1ヶつくるのに、150円かかります
お米は、キノコのママの備蓄米を使うとしても
ただで、加工していただくわけにはいかないのです
キノコのママにも限界があります
どうか、皆様のご支援をお願いします
200円以上の支援をいただけたらありがたいです
よろしくお願いいたします
現在、備蓄米で、たぶん、10000個のおかゆの缶詰がつくれると思います
写真は、完成間近のおかゆです
おかゆは、水が多いので赤ちゃんやお年寄りにやさしいです
使い終わった缶は、水を入れて飲むこともできます
缶の切り口には注意しなくてはいけないので
そのことは、きちんと、表示します
缶切りのいらないプルトップの缶を使用しています
210g入ります
お米は、20g使います
どうか、ご支援をお願いします
ご支援いただいて、できるかぎり「おかゆの缶詰」作りつづけます
そして、避難所の赤ちゃんとお年寄りを対象におかゆの缶詰を届けます
約束します
ご協力お願いします
これからの経過は、ブログ等でご報告させていただきます
キノコのママのできること
食料をつくることです
がんばります
=====================================================================


(以下きくのつぶやき)

今日のお昼頃、弟にメールしたら、今被災地で活動中とのことでした。
顔晴って、ってメール書くのが精いっぱいでした。

私たちにできるのは応援を送ること。
そして、今生きている喜びを感じること。
西日本にいらっしゃる方たちには、引け目なんか感じずに、不謹慎なんて言葉に惑わされずに、
今感じられる幸せや楽しみを、思う存分味わって欲しいです。
 (できたら関東圏の人たちにも……)
それが今、日本の大地に向けてできる、私たちにできることだと思います。
posted by きく at 20:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急、拡散希望:被災地からの報告 阪神震災とは違う実情

友人の日記より、転載させていただきます。

阪神淡路大震災の事例をもとに判断して、「現地活動はプロに任すべき」と
言われていますが、今回は実情が違うようです。


震災の規模が大きさ、被災範囲の広さ、それに加えて、津波による水没など
今までの震災と比較して非常に特殊だとのこと。
阪神淡路等の地震と最も大きく異なるのは、
自治体が機能していないのではなく、津波に流され存在自体が
なくなっている地域が多数あるそうです。

自治体経由の物資やもちろん、赤十字や国の対策本部や自衛隊からの救助や
支援や配給がまったく届かない「自治体の存在自体がなくなった地域」が
多数あるということです。

国や赤十字への寄付も重要です。
しかし、復興段階まで行かず生命維持が本当に危ういのは、
「自治体不在の孤立被災地」であり、それを担っているのは、
NPOやボランティアだそうです。

お願いします。
私はこの記事を読んで、これは拡散しなければいけない事実だと思いました。
遠方の私達にできることは、できるだけたくさんの方々にこの事実を知ってもらうこと。
特に自治体や企業につながりがある方は、ぜひ伝えていただきたいです。

寄付をするかどうかは、各自のご判断に委ねます。
特に怪しい要素はなかった、という情報は見ました。


私は今赤ちゃんを持つ母親です。
だから、「3日間、200〜300人の赤ちゃんがたった1缶のミルクを別けているという状況」
というところに特に反応しました。

でも赤ちゃんだけじゃなくて、今も多くの方々が
国からの支援も届かずに、命をつないでいるのだと思います。



広がるべき情報は、何もしなくても広がるかとは思いますが
ただこうしている間にも、現地ではたくさんの方々が命を危険にさらしています。
広げて下さる方が多いだけ、情報は速く流れます。

この日記にリンクをはっていただくだけでも構いません。
今、遠方の私たちにすぐにできることは、現地の実情をよりたくさんの方々に
知っていただくことだと思います。

どうか皆さまのお力をお貸しいただけたらと存じます。

====================================================================

まずは、これを読んで下さい。
「●重要●皆様に知っていただきたい事実」の部分です。


<被災地からの報告 阪神震災とは違う実情>
PC:http://anond.hatelabo.jp/20110317015611
モバイル:http://npo-uniken.posterous.com/46132557


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(上記URLの本文より)

(特に企業や行政の担当者に、皆様からご連絡いただけると助かります。)
今、「阪神淡路に基づく間違った情報」が流れることで、被災地の命が危ない状況です。
出来るだけすばやく、多くの人にこの情報を伝えてください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


正直、このソースについては未確認ですが、
おそらく、本人の一次情報ですし、正しいと思われるので
確認なしにここに貼り付けました。


必要とされているボランティアや物資などについても
現地にヘリコプター、燃料代、パイロットで数百万円をかけて
阪神淡路大震災といかに違うかを実際に見学してきた人達の情報です。



あなたに最初にして欲しい2つのこと


1.出来る限りこの情報を流す

2.阪神淡路大震災の事例を持ち出して、地震のボランティア論を語っている
ブログや日記があったら、その執筆者に上記URLを知らせる

※繰り返しになりますが、「阪神淡路に基づく間違った情報」が流れることで、
被災地の命が危ない状況です。



実際にボランティアや寄付をするかはあなたに任せますが、
阪神淡路大震災の経験のせいで、間違った意志決定をしてしまい
見殺しにはならないようにしましょう。


上のURLにも書いてありますが、
3日間、200〜300人の赤ちゃんで、たった1缶のミルクを別けているところあったそうです。


まずは、このURLを見て下さい。


<被災地からの報告 阪神震災とは違う実情>
PC:http://anond.hatelabo.jp/20110317015611
モバイル:http://npo-uniken.posterous.com/46132557
====================================================================

posted by きく at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。