2010年03月13日

ご報告 愛を込めて

table

mixi日記では既に公開していたのですが
こちらのブログの更新がままならずだったので
改めて、ご報告させていただきますかわいい


私 きくは、冬至で大安吉日の2009年12月22日に結婚しまして、
姓が こなか になりました。


旦那様となったこなかさんは、
出逢えただけで本当に、心からありがとう、と感謝するくらい
私にとって 奇跡のような人です。

mixiでは、プロフィール欄にリンクも張っているので
ご興味ある方は、そちらをご覧ください☆


誠実で、しっかりと地に足がついていて、
今の自分があるのはすべて周りの人たちのお陰なんだよ、と
常に周囲への感謝の気持ちを忘れず

今までの経験もあって 人の気持ちや痛みが解りつつ
ただ同情するのではなくて その人をその人として受け入れては
大切な部分をしっかりと見据えて 自分の考えを述べることができる優しさを持ち

東京人的なビジネスマンで、まじめな面も持ちつつ
プライベートで会話したら さすが大阪人と思わせられるくらい 話が面白くて


過去、 「こんな人いたら良いなぁ。。」 と思っては
 「いないよ!」 「例えいたとしても、既に誰か他の人と一緒になってるよ!」
と色々なシーンで諭され、その都度諦めていたような存在です。


もう何から何まで本当に、こんな人が本当にいるんだということに
感謝する以外に思いつかないくらい

一緒にいて 心から尊敬できて 楽しめ 愛せて 幸せになれる人です。


よく言うじゃないですか?

『「好き」って言葉を何度も言っていたら
 言葉が持つ重みや価値が減っていくのでは?』 って。

でも本当にお互いがお互いを愛し 幸せで 心から尊敬していたら

「好き」 も 「愛してる」 も、いつも心からの言葉で自然に言えるんだなぁ、って
彼と付き合ってから知ることができました。



とある尊敬する方からいただいた言葉の通り、
私たちにとって、ここがゴールではなく、むしろここからが本当のスタートです。


彼にも私にも、目標があります。

まずは小さな一歩から、少しずつでも確実に
歩んでいこうと思います。


本当にマイペースな二人ですが、
謙虚な気持ちを忘れず 感謝の気持ちを忘れずに
進んでいこうと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。



新しい住まいは、
気軽に遊びに来れて、そのまま気軽に泊まっていけるような
そんな場所にしたいと思っています。

お近くにお越しの際は、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。



既に2ヶ月と少しが経ちましたが、この2010年も、
みなさまにたくさんの愛と幸せが降り注ぎますように。

posted by きく at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タオ 老子

Tao

道(タオ)の働きは
名づけようのないものだ、
それというのもこれが
永遠のエナジーの流れだからなんだ。

このタオにつながる人の心は、
木で言えば、
伐りだされたばかりの木であり
割られていないものだ。
言わば、何にでも応じられる
一本化した心の状態なんだ。

もし指導者(リーダー)がこういう心でいたら
黙っていても、ひとはつき従うだろう。
そういう国土には
天と地が一緒になって、
やわらかな雨を降らせるだろう、
誰彼の選り好みなしにね。


ところで人間は
タオの無名の領域から
名を取りだして使いはじめた。
これは仕方のないことだがね、しかし
あらゆるものを
細かく分割して名をつけだしたために
危ないことになってきたんだ。

あくせくする人は、
どうか知ってほしい。
止まるところを知ったら、もう
危険はない、とね。
そして自分がかつて
伐りだされた木であったことを思い起こし、
ときにはそこへ帰ってほしい。

別の譬えで言えば、
はじめの自分は
谷川の小さな流れだった。
そしてその流れはゆったりと
海に至るのだ――君を運びつつ。


『タオ 老子』 加島祥造  筑摩書房  より


すごく良い本ですぴかぴか(新しい)

だんだんかわいい


ひなぎく
posted by きく at 11:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。