2009年11月18日

山川紘矢さん講演会

先日、山川紘矢さんの講演会に行ってきました。(*^^*)


山川さんはご夫婦で、「ザ・シークレット」「聖なる予言」「アルケミスト」
といった、世界中の多くの精神世界関係の本を翻訳されている方です。

どこか、際立った感覚をお持ちながらも
とっても、ほんわかーとした感じの方で、
講演会中もその前後も、終始笑顔で楽しそうだったのが
とっても印象的でした。(*^^*)

自然にこちらまで笑顔になる感じです。
語り口も柔らかで、聞かせ方もとっても上手だなぁと思いました。



一番印象的だった話があるので、まずそれから。

こんなことを言ったら「えっ?何を言っているの?」と
びっくりされるかもしれませんが、


すべての人が、愛の中で生きています。


例えば、お魚が水の中で生きていても
お魚は、いつも水の中だから、自分が水の中にいるとは
気づかないかもしれませんよね。

それと同じで、人は愛の中に生きていて
そのことに気付いていないだけなのかもしれません。


「愛はどこにあるの?」と訊かれたら、
ここにもあるしそこにもあるとしたら。
あなたの周りの、周囲全部が、実は愛で包まれているとしたら。(*^^*)


本当かな? とてもそんな風には思えない。
良いこともあれば悪いこともあるし。

人生、プラスマイナスゼロだと思う。


そんな風に思う方もいらっしゃるかもしれません。

そうですよね。 私も、そうかもなーって思うことがあります。


私の実体験を話しますと、
愛に生きていることを感じ、日々「ありがとう」と言い
幸せであることに感謝し、幸せなことにフォーカスして十分に感じる日々を続けると
本当にいろんなことが信じられないくらい上手くいくんですよね。


必要なものが必要なときに、与えられる。
全てのことは起きるべくして起きるもの、
だから、全てのことはうまくいく、と信じてみる日々を続けてみると

何か今までとは違ったことがあるかもしれないです。(*^^*)



音が同じ周波数の音に共鳴するように、
幸せや楽しみといった感情も、共鳴して引き寄せ合うそうです。

だから、幸せーって思っていると
幸せなことが引き寄せられて

こんな幸せが続くはずない、プラスマイナスゼロなんだから
きっといつか悪いことが。。。と思っていると
本当に、悪いことを引き寄せちゃうのだそうです。



ちょっとだけ、この瞬間だけ、目を閉じて想像してみるのはいかがでしょうか?☆

あなたの周りの空気が、

「大丈夫です。心配しないで。幸せになろう。」って

いつもあなたに伝えている光景。


ちょっと嬉しくて、優しい気持ちになっちゃいませんか?(*^^*)
私は、すっごい幸せになっちゃいます。笑



何か起きたとしたら、それは、そこから何かを学ぶために起きたこと。
そう考えていったら、自分自身も成長できるし、
感情的になることも少なくなるんですよね。


他人も自分も批判せず、自分のことを心から愛せたら
生きるのが楽になりますv

自分たちが愛の中で生きていると、全ての人が気付いたら
どんなにみんなが素直に自分を受け入れ、愛し、幸せになれるだろうなって思います。



『自分自身を知ることが、一番大切』

旧大蔵省(現財務省)のエリート公務員で、当時世界銀行で働いていた山川さんは
この一言をみんなに伝えたくて、
最初の本「アウト・オン・ア・リム」を翻訳したそうです。


自分自身を知るとは、どういうことか?
要約すると、

・自分を愛しているかを「知る」こと。
 自分を批判しない。自分を100%愛する。

・「この人生は幸せになるため」
 自分を愛し、大切にし、自分を批判しない。

・自分を愛せると、他人も愛せる。
 自分が幸せになって、他人が幸せになる。

・それが「何故ここにいるのか」「自分は何者か」を知ることにつながっていく。

・幸せになるのが大事。

・自分を見て、「自分を知る」ことがとても大切。


自分に与えられている全てを受け入れて、そこから思考を幸せにフォーカスすると
すごく心が穏やかになります。(*^^*)


「麻雀でもポーカーでも、最初に与えられた手札を見て文句言ってる奴は勝てない。
 人も同じで、手相を見ては『この手相のここが悪い』
 姓名判断を見ては『この名前のここが悪い』と言っている奴は、幸せになれない。
 手が無い人だっているんだよ。
 すべて神が与えてくれたものだ。それに文句言っちゃいけない。
 思考が大事。どういう考え方をするかが大事なんだ。」

とは、斎藤一人さんの言葉ですが、本当にそうだなぁと思います。


以前、寝る前に、「今日はどんな良いことがあったかなぁ」って
「感謝ノート」を作って書いていたら、
日々実は感謝することがたくさんあることに気付けました。(*^^*)

3日坊主くらいでしたけど(笑)
それだけでも気付くことができました。(*^^*)


みなさんも、良かったら試してみてくださいね☆


長い文章を読んでくださって、ありがとうございます!


お礼に、好きな曲一曲ご紹介します(*^^*)



だんだん(ありがとう)v


雛菊 こと きく
posted by きく at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

自分への問いかけ

周囲の人やものに気づかされて
ふと自分の在り方を思う。

私は今真剣だろうか。
100%、自分の人生を生きているだろうか。

目線が上になっていないだろうか。
自分を愛してあげているだろうか。

考えることは尽きないけれど
考えられることに幸せを感じる。


ありがとう。
だんだん。

ひなぎく
posted by きく at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

母からの手紙

今朝、母から唐突に一通の手紙が届きました。

一読した後、感謝の気持ちを母に伝えるため、電話で
「ありがとうございます」とお礼を言い

その後、彼と2人で「嬉しいね♪楽しいね♪」って踊っていたら

小さな封筒の中の、短い文章に込められた
思いの大きさにふと気付き、
思わず涙がこぼれました。


それは、とてもさりげない形でありながら
どんなものよりも、じんわりと、ゆっくりと心に染み入ってくるもので

大きな祝福と愛を感じて、
言葉では表現できないくらい幸せな気持ちです。


この感動をどうしても書き残しておきたくて
この日記を書きました。


本当に本当に、心から幸せな日々です。
どうもありがとうございます。


皆さまにも祝福の光がこれからもたくさん降り注ぎますように。


雛菊
posted by きく at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

氣とか、ヒーリングのお話

こんにちは、雛菊 こと きくです。

今日は久しぶりに、氣とか、ヒーリングのお話を書こうと思います。

ちょっと、変というか、不思議と思う話かもしれませんが
(しかも、長いです☆)、
よかったら読んでみてください。o(^-^)o


  +   +   +


私が今仕事をさせていただいている職場の社長は
とってもお忙しい方です。

そして職業柄(?)、いろんな方とお会いになられます。
いらっしゃる方は、同じ職場の方も、みんな面白くて楽しくて明るくて
素敵な人たちばかりです(*^^*)

そして私はこの職場では、「マリー」と呼ばれています。
「Marie」と書きます。(話には関係ないのですけど。(笑))

ちょっと(だいぶ?)変わっているかもしれませんが、
そういう会社なんです。(*^^*)

(会社も仕事も、普通の会社です☆
 ただ社員の名前の呼び方が、ちょっと変わっているだけですよ♪)


私がこの職場に入ってすぐのとき、とあることがあって
社長にヒーリングをさせていただく機会がありました。

我が社の社長は、大変な学び好きの方で、ご自身でもいろいろ
習得されていらっしゃる方です。
一日に何冊も本を読まれます。

ジャンルも多岐に渡り、ビジネスから量子物理学から、絵本や
健康、お笑い、趣味のものにいたるまで。

Amazonの空き箱が、日々たまりまくりです。(笑)


そんな社長は、最近みんなと温泉に行くことにはまっているらしく
機会があるたびに温泉で語り明かしているようです☆

温泉と言っても、箱根とか伊香保とかに行くわけではないですよ。
都内にある、車で行けるような、スーパー銭湯みたいな
リラックスできて、みんなで遊べて、楽しめるようなところです。

今度はマリーも絶対一緒に行こうね、と言われているので
眠り好きな私としては、眠れないのかと思うとちょっとどきどきです。(笑)


ちょっと話が逸れました。
元に戻りますね。^^


それで、そのときに、言われたことがあります。

「僕は自分でもいろんなことをするし、いろんな人とも会うけど
 本当にヒーリングが効くなんて思わなかった。
 なんか、すごく不思議な感じだよ」


ヒーリングって言っても、実は、特別なことじゃ全然ないんです。
実は誰にだってできることなんです。


お医者様が、医学部に行って勉強をして、
医師になって診察をしたり、薬を処方してくれたりして
私たちの病気をはやく良くなるようにしてくれますよね。

それと同じようなことです。

ただ、お医者さまと同じように、
内科に特化した方がいたり、外科的処方が得意な方がいたり
子どもの扱いが上手な方がいたり、説明が上手な方がいたり。


人によって、その人が持つ雰囲気というか、波動があったり
得意な分野があるので、
ほわわんとさせるのが得意な人もいれば、
しゃっきりさせるのが得意な人もいる、みたいな感じなんだと
思っています。

そして私は多分、どちらかというとほわわん力が大きいので、
よく「癒される」って言ってもらえるだけなんだと思います。(*^^*)

(だからコーチングをすると、安心するしほっとするって言っていただける反面、
 フィードバックで「もう少しびしっと言うところがあっても良いかもね」って
 お言葉をよくいただきます。
 コーチには、愛に基づいた厳しさも大事なんです。(笑))


それでもって、ヒーリングをする人(例えば私みたいな)が
何か特別な力で、何かをするわけではないです。

お医者様だって、特別な力があるわけじゃないですよね。
ただ、効果的な薬の使い方や、病気の見方を知っているだけですよね。

それと同じで、ただやり方というか、知識を持っているだけのこと。
それだけなんだと思っています。


そして自分がのほほんとしているので
(あんまり氣負わない、超マイペースなタイプなんです)、
それが相手に伝わって、お相手の方もちょっとほわわんとするんだと
思います。^^



すんごいざっくりというか、一体何が言いたかったのかと言いますと、

社長に褒められて嬉しかった話

ではなく(笑)


変っていうか、特別なことじゃないんですよ、っていうお話

でした。


先日も、社長から「少し頭痛がするからヒーリングして」ってリクエストをいただいたので
片手で仕事をしながら、遠隔でヒーリングを送らせていただきました。


「ずいぶん軽くなったよ。ありがとう。」って言っていただいて
幸せな気持ちになりました(*^^*)


うちの社長は優しくてあたたかい方ですv



あっ、最後にもう一つ!
特別な力じゃないですけど、ピアノを弾く方が毎日練習されていらっしゃるように
日々、癒しを行い、エネルギーというか、波動を高めていらっしゃる方は
やっぱり、それをしないよりも何倍も、上手にピアノが弾けるように
いろんな知識も持たれているし、その分上手にお出来になられます。

日々の研鑽と、経験の積み重ねは、どんなことにおいても大切なんですね。
実績は、自信にもつながりますし。o(^-^)o

(なので、癒すということをさせていただけることは、本当に本当に、
 ありがたいことだと、心から感謝しておりますv)


ご興味ある方は、一度体験されるのも
一つの経験になって面白いかもしれませんね。(*^^*)


今日も、長い日記をお読みくださり、
ありがとうございます。

今日も水や植物、太陽と一緒に過ごせて嬉しいですv
だんだん(ありがとう)v


ひなぎく こと きく
posted by きく at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

斉藤一人さんの話と、植物と水の話

今日はちょっとだけ、もしかしたら
ちょっと変な話、と思うかもしれないお話をしようと思います。


斉藤一人さんの「千年たってもいい話」というCDを、最近聴きました。

その中に、一人さんがHな本を買うお話があって
これがすごく面白かったのですが、
今日はその話ではなくて、別のお話です。(笑)

天国と地獄についての話。


この世では罪にならないけれど、あの世で罪になることがあるそうです。
それは、『無関心の罪』です。

例えば自分の家の隣に、障害者の施設を立てる計画ができたとします。
別に、何か病気がうつるわけではありません。
でも、施設の建設に反対する人がします。

どうしてか。

自分の家族に、障害者がいないから。
自分には、関係ないから。

です。


何か困っている人を見かけても、助けようとしないのも
自分には、関係ないから
かもしれません。


そして、この話を聴いて、朝のゴミ拾いをしながら、思いました。

道に、タバコの吸殻や、ゴミを捨てるのも
無関心だからなんじゃないかなぁ。

自分以外のことに、関心がないから
ゴミを捨てたりできるのかなぁって。



ここでちょっと話がそれるのですが、
少し前に思ったことがあります。


東京の道端で、排気ガスをたくさんあびながら
花を咲かせている木を見て

この子は、植えられる場所も自分で選べないし
何かを話すことも、そこから動くこともできないのに

愚痴も言わずに、贅沢も言わずに、
ただその場所で自分にできることをしているなぁ。

懸命に生きているなぁ。


私には、足があって、自分で行く場所を決めることができる。
これから私は、この足で、どこに向かうのだろう。

贅沢を言う前に、この木みたいに、
今自分にできることを、精一杯しているかな?


そんな感じのことです。


植物は、ただそこに存在すること自体に感謝して

私たち生きるものに必要な、酸素を作ってくれて

かといって、偉ぶるわけでもなくて


でもその足元には、吸殻やゴミが落ちていたり
隠すようにして、空き缶が捨ててあったり


つまりはちょっと、悲しくなっちゃったんですよね。
恩返ししても良いくらいなのに。。。



ゴミを拾えないことなんて、よくあるし、
そういうことを言いたいんじゃないんですよ。


せめて植物に、「ありがとう」って
みんなが時々でも、言うことができたら、
植物は嬉しいんじゃないかなって。

だって、別に誰かに褒めてもらうためにしていることじゃなくても
「ありがとう」って言われたら、私だったら嬉しいですもん。

だからきっと植物も、同じなんじゃないかと思います☆



そして同じように、
水にも感謝したいなって思うんです。

これはある本からの受け売りなのですが

水は、自分たちが汚れて、私たちの汚れを流してくれます。

誰だって、自分が汚れるのなんて、好きじゃないと思うんですよね。
でも水は、それをしてくれているんですよね。


雨になって水を供給してくれているのも水だし
私たちの体の70%以上も水です。

(ちなみに50%を切ると、人は生きられないそうです)


だから、植物や水と一緒に生きられたら
それだけでも私たちは幸せなんだと思います。(*^^*)


そんなわけで、心の中ででも良いので、
ときどきでも「いつもありがとう」って
これからも言いたいなぁって思います。


今日も長い日記をお読みくださり、ありがとうございました(*^^*)


だんだん(ありがとう)v


ひなぎく
posted by きく at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。