2009年10月21日

糖類ゼロって、どういうことでしょう?

刺激×健康志向!キリンが送り出す糖類ゼロの“大人の夜コーラ”
http://news.walkerplus.com/2009/1021/4/


糖類ゼロって、どういうことか、ご存知でしょうか。
よく、ダイエット食品などにありますよね。

「糖類ゼロ」「シュガーレス」「カロリーゼロ」

こういった響きにひかれて、ついつい手をのばしてしまいがちですが、
手をのばしたついでに、商品をひっくり返して、成分表を見てみましょう。

そこには大抵、次のような成分が書かれています。

・アスパルテーム
・L-フェニルアラニン化合物

これらは人工甘味料の一種です。
今やダイエット食品だけではなく、ガムや普通のお菓子にも使用されていたりもします。
甘さはお砂糖の200倍。(ただし、これだけの甘さを出すのには、条件もあります)

どんなものかは、ネットで検索すればたくさん出てくるので、ここでは省きます。

ただ、何が良くないか、っていうことだけ、かいつまんで書いてみますね。

まず安全性の問題について、疑問視されています。
「スキニービッチ」という本には、副作用の例として、
  記憶障害、神経細胞の損傷、偏頭痛、生殖障害、脳障害、アルツハイマー、大食症、
  などなど、、、
の症状に加えて、被害者のサポートグループなども存在することが書かれています。


でもこんな風に書いちゃうと、安全性は確認されているはずだとか、
どうしてそんな物質が認可されたのかとか、
ひとことで話せない内容になってしまうので

人工甘味料がどうして体にとって悪影響なのか、っていうことを
分かりやすく書いてみます。

これらは、人工甘味料だけでなくて、人工保存料や人工着色料などにも
当てはまることです。


人間の体は、ずっとずっと自然の中で、長いときを過ごしてきました。
その間に食べていたものは、自然の中にあったものです。

そうやって採り入れた物質を、体内の酵素が分解して
吸収できる形にして、栄養素(エネルギー)として使ってきました。


人間は、自然から生まれたものですよね。
ちょっと、表現が微妙ですが。。。

自然から生まれたものなので、自然のものは分解しやすいです。
分解しやすいものは、体にとっての負担が少ないです。

解りやすい例をあげれば、、、
体内に吸収するためには、大きなかたまりを咀嚼によって小さくして、
小さくなったかたまりをさらに胃で小さくして、、、というプロセスを経ます。

よく噛まないと、大きいものを分解するために、体は一生懸命動きますよね。
よく噛んでかんで食べたら、その分、口は疲れますが、
体内で分解するための力は少なくて済みます。

何となく、お解りいただけますでしょうか。


また、歴史の中で長い間、口にしてきたものも、分解しやすいです。
例えば日本人は、小麦粉よりもお米の方が消化しやすいと言われています。


つまり、
人工甘味料ができてから、何年経っているか、って単純に考えてみたら良いのです。
体がそれを分解する機能を、十分に所有していないっていうことです。

しかも、自然のものは自然のものから生成されますが
人工のものは違います。

人工でないお砂糖、白い精製糖でも、
サトウキビを搾った後、汁を煮詰めて結晶化したものを
遠心分離機にかけてシロップをとりのぞき、
洗浄してフィルターにかけて糖以外のミネラル分を取り除いてから脱色。

これだけの過程がかかっています。

サトウキビのお砂糖は、サトウキビを搾った汁を乾燥させたらできます。


そこに至った経緯を経て、自然に還っていくものならば、
複雑な工程を経れば経るほど、同じくらいの道のりを経ないと、
自然には還れないのです。


だから、体に負荷がかかるのです。
本当に健康志向かどうか、考えてみたらすぐに分かります。


分解するのに時間と手間がかかる物質は、
体内の酵素もたくさん使います。

酵素についてのお話は、またおいおい。


長い文章をお読みいただき、ありがとうございました。

だんだん。

ひなぎく こと きく
posted by きく at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人での「マクロ」ということ

マクロな視点。

それは、企業もそうかもしれませんし、個人でもそうだと思うんです。

今は、ミクロな視点で見られている方が、多いのではないかなって感じます。


例えば、、、
私が食に関する興味が強いので
例えもそうなってしまって、大変恐縮なのですが;


今が楽できるから、とか、便利だから、今美味しく感じるから、っていう
短期的な目線で考えるから、
冷凍食品や、即席の食品などを食卓に出しちゃうのだと思うのです。

そこに含まれる添加物には、どんなものがあるかを、
裏返してみる方も増えてきたとはいえ、やっぱり少ないです。

彩りが綺麗だから、っていう理由で、お弁当のおかずに
冷凍食品を使います。


綺麗なのは良いことだと思います。
でも、それは、様々なのです。


綺麗=良いこと という、一辺倒の考えをしちゃうから、
ひと昔は普通に、青虫がついていたキャベツも
今は本当に、どこにも見かけなくなってしまいました。

いぼいぼとげとげのキャベツ、皮が厚い茄子やトマト、
不恰好な大根も、あまり見ることがありません。


これも、ミクロな視点なんだと思うんです。
今綺麗に見えるから、って。


でも、お弁当が美しくなくても、
子どもは大きくなってから感謝するのじゃないかなって思うんです。

長期的な、マクロな視点で見たら、本当に子どもが大切だったら、
ちゃんと説明してあげたらいいと思うんですよね。
それで、綺麗な方が良い、って言われたら、なるべく優しいもので
見栄えをよくできるように工夫したりとか。


現に私はそうでした。
うちの実家は、お弁当も食卓も、冷凍食品はほぼ皆無に等しかったです。
高校生まで、うちの地味なお弁当が、ちょっと恥ずかしかったです。

麦が入ったご飯は、時間が経つとちょっと黄色くなって
「どうしてうちのご飯は、みんなみたいに白くないのかな?」って
悩んだこともありました。


でも、今になっては親にとっても感謝しています。

私は「若いね」って言っていただけることが多いですが、
この童顔も、実家での食生活が良かったからじゃないかなって
今では思えます。

お肉よりお魚のほうが多かったですし、庭で作るお野菜は
無農薬、有機肥料で作るもの。
お庭から採れたてのトマトを持ってきて、サラダにして出す。

そんな食生活が、今の私を形成したんだって、今では思います。


5年後、10年後の自分を作るのが、今の食生活なんだなぁって。


もちろん忙しくて、できないこともたくさんあると思います。
ストレスがたまって、嫌になることだってあります。


私も3年続けたローフード生活を、転職&長期出張で完全に崩して
体内年齢20歳以下だった当時から、年齢相応にまでなったこともありました。

だから、できることから少しずつ、で良いと思うんです。
ストレスを貯めてまで、しなくて良いです☆

体に良いこと、気持ち良いことを考えていけば
自然にマクロな視点で考えることが多くなっていくと思うんですよね。


気付いたときに、今、どんな視点かなって思うだけでも、
良いんじゃないかなって。


 +  +  +

ぽつぽつと、これからもこんな風に、いろいろ書いていこうと思います。

お読みくださってありがとうございます。
だんだん。

ひなぎく こと きく
posted by きく at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。