2009年06月17日

「希望」

みなさま、ご無沙汰しております。
東京の地で相変わらず元気にすごしております、きくです(*^^*)

今日は、素敵な詩をひとつ、ご紹介します。

広島の心の友、あきちゃんにお教えいただいた詩です。

 +  +  +  +  +

  「希望」


騒がしく、あわただしい毎日の中で、
落ち着きをなくさないように

1日に数分でも静けさの時をつくり
心の平安を味わうこと

相手に降伏することなく
しかしできる限りの努力をして
多くの人と良い関係をつくること

あなたがこれは正しいな、と思うことは
静かに、しかし、明瞭に表現すればよい

そして一見無知性、無教養と自分には
見える人にでも
耳を傾けることを忘れないように

というのは、誰でも自分のストーリーを
持っているから

遠慮なく荒々しく土台で踏み込んでくるような
人は避けること

このような人はあなたの精神を
毒することになるから

人の目ばかり気にして、チマチマ生きていると
うぬぼれか落ち込みかの落とし穴にはまるもの

あなたより優れた人も、あなたより未熟な人もいる
肝心なことはあなたなのだ

あなた自身の生活の中身
これがあなたにとって最大の関心ごととすればよい

あなたが今までやり遂げてきたことを
素直に楽しめればよい
これからの計画を楽しく立てること

あなた自身のキャリアに深い関心をもち
これを育てていくこと

人目をあまり気にすることはない
あなたのキャリア、つまり。あなたの真の実力こそが
移ろいやすい時の流れの中で確かな財産の一つなのだ

ビジネスの世界では気を配るように
世間には目には見えない落とし穴がいっぱいあるから

しかし、その同じ世間の中に
ダイアモンドのようにきらめく人の行いがあることを
見逃してはならない
高く理想を掲げて生きている人はいつもいる

目をよく開けてみれば
こちらが驚き感動するような生き方をしている人は
あらゆるところに存在する

自分自身を生きること
ふりをしたり
みせかけの愛情でごまかしたりしないように

世間が冷たいからといって
すねたりむくれたりしないように

一見どんなにつらく、がっかりするようなことが
あっても、やがて時がくれば
春の若草を育むように
天はあなたを助けてくれる
時期がくるまで準備をして待つこと

知恵をためながら
歳をとっていくように
いつまでも若さにしがみついていないように

いつ降ってくるか分からない不幸や不運に抗するために
日ごろから心の力を蓄えておくこと

だからといって
未来におびえてびくびくしないように

多くの場合
びくびくは過去からの条件付けの結果である場合が多い。

疲れたときや孤独にはまり込んだときなど
「怖い」という感情に人は襲われるもの
あなただけではない
誰でもそうなのだ

明るいイメージを自分自身にもつこと

自分自身を大切に扱うこと

あなたは大自然や大宇宙と同じように
宇宙に生きる子供なのだ

あなたはこの惑星で生きるべき意味をもっているのです

それを自らの責任で実行しようとする時
あなたは本物の自分を生きることになる

私達の理解を超えて
この偉大なる宇宙は
その行くべき方向に向かって進んでいる

あなたが神様をどのようにイメージしようがしまいが
それとは関係のないところで
宇宙は自らを全うしている課程にある

心の内なる平安を保つこと

混乱と激動の日常の最中で
何を望み、何をやっていても
あなたの魂の底に
「流れ」を確認する目をもつこと

一見どうしようもないように見える
逆境と挫折の最中に
美しい世界が
新しい世界が生まれてくる

明るくしなやかに生きていくこと

幸せになることをあなた自身が選び取って
その道で努力をすること

(作者不明)


posted by きく at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。