2008年10月30日

蝉しぐれ/藤沢周平

少しずつ少しずつ、読み重ねてきた「蝉しぐれ」
読了。


美しい、と思いました。

読み終えて最初に、そう思い、
次に感じたのは静けさでした。

読み進めるにつれ、残り少なくなる頁を気にしながら
終盤、やや唐突に流れる月日に
瞬間拍子抜けさせられるかと思ったら

その先に待っているのは、
見事なまでの結びのシーン。


精巧というのか
緻密というのか

ぴたと当てはまる表現が見つからないのですが

どうしたらこんなにも綺麗な文章が書けるのだろう、と
思わずにはいられませんでした。

最後の数頁で、見事に全部、
さらっていかれました。

なんて綺麗なのでしょう。
ちょっと今、久しぶりに、物語で感動しています。

そしてもう一つ書いておきたいことが。。
日本語がまた、美しいです。

「お戻りなされませ」
これ一つ取っても
こんなに美しい日本語が、あったのですね。。
posted by きく at 00:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。