2011年03月17日

福島の被災地から避難民への援助

信頼する知人のハナリンさんが、日記にて公開されていらしたので
転載させていただきます。

ハナリンさんのご実家は、私と同じ福島県白河市。
心から信頼でき、安心して託せると思い、私も支援させていただきました。

以下、一部抜粋。
--------------------------------
福島県西会津町の佐藤昭子さんが続々と福島県東部から避難してやってくる福島原発の
被災者の方々向けの「おかゆの缶詰」を作る資金に対して募金を求めています。

【佐藤昭子さんからのメッセージ】
今、福島県浜通から、たくさんの方が会津に避難されてきています
食糧が、これから、どのくらい必要なのか想像することさえできません

現在、会津の備蓄米で、たぶん、10000個のおかゆの缶詰がつくれると思います
おかゆは、水が多いので赤ちゃんやお年寄りにやさしいです

ご支援いただいて、できるかぎり「おかゆの缶詰」作りつづけます
そして、避難所の赤ちゃんとお年寄りを対象におかゆの缶詰を届けます
約束します
キノコのママのできること
食料をつくることです
がんばります
--------------------------------



以下、転載させていただきます。
=====================================================================

福島県西会津町の佐藤昭子さんが続々と福島県東部から避難してやってくる福島原発の
被災者の方々向けの「おかゆの缶詰」を作る資金に対して募金を求めています。

彼女は自家の備蓄米を全て使って1万食の「おかゆの缶詰」を作り、
避難所に届けようとしています。
1個につき200円のコストがかかります。ひとくち5000円の募金をお願いします。

5000円で250食分のおかゆの缶詰ができます。
佐藤昭子さんは福島県西会津で着実な地域振興活動をされている方で私の友人です。

佐藤昭子さんに対する支援の詳細と送金先はこちら。
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/archive/39

以下、サイトより

募金先(ひとくち5000円でお願いします。)
++楽天銀行決済(旧イーバンク銀行)++
金融機関名 楽天銀行
支店名   ダンス支店
口座種別  普通
口座番号  3085234
口座名義  サトウ アキコ
または
+++++++++ゆうちょ銀行++++++++++
店名 二二九(ニニキュウ)店(229)
預金種目 当座
口座番号 0117363
口座名称 株式会社 キノコハウス
口座名称(カナ) カ)キノコハウス

佐藤昭子さんのブログです。
http://plaza.rakuten.co.jp/nishiaizuinaka/

以下、佐藤昭子さんからのメッセージです。

【被災者用缶詰のおかゆ製造支援のお願い】
西会津のキノコのママ 佐藤昭子です
被災者用の缶詰のおかゆがまもなく完成します
1500ヶつくれました
1ヶつくるのに、約200円かかります
外注加工費や避難所に持っていくガソリン代等です
キノコのママの備蓄米や
年間販売しているお客さまの備蓄しているお米のご寄付いただきつくらなくては
ならなくなりました
今、福島県浜通から、たくさんの方が会津に避難されてきています
ものすごい人数になりそうです
福島原発の被爆からの避難です
食糧が、これから、どのくらい必要なのか想像することさえできません
おかゆの製造は、おかゆの加工所に頼んでいます
1ヶつくるのに、150円かかります
お米は、キノコのママの備蓄米を使うとしても
ただで、加工していただくわけにはいかないのです
キノコのママにも限界があります
どうか、皆様のご支援をお願いします
200円以上の支援をいただけたらありがたいです
よろしくお願いいたします
現在、備蓄米で、たぶん、10000個のおかゆの缶詰がつくれると思います
写真は、完成間近のおかゆです
おかゆは、水が多いので赤ちゃんやお年寄りにやさしいです
使い終わった缶は、水を入れて飲むこともできます
缶の切り口には注意しなくてはいけないので
そのことは、きちんと、表示します
缶切りのいらないプルトップの缶を使用しています
210g入ります
お米は、20g使います
どうか、ご支援をお願いします
ご支援いただいて、できるかぎり「おかゆの缶詰」作りつづけます
そして、避難所の赤ちゃんとお年寄りを対象におかゆの缶詰を届けます
約束します
ご協力お願いします
これからの経過は、ブログ等でご報告させていただきます
キノコのママのできること
食料をつくることです
がんばります
=====================================================================


(以下きくのつぶやき)

今日のお昼頃、弟にメールしたら、今被災地で活動中とのことでした。
顔晴って、ってメール書くのが精いっぱいでした。

私たちにできるのは応援を送ること。
そして、今生きている喜びを感じること。
西日本にいらっしゃる方たちには、引け目なんか感じずに、不謹慎なんて言葉に惑わされずに、
今感じられる幸せや楽しみを、思う存分味わって欲しいです。
 (できたら関東圏の人たちにも……)
それが今、日本の大地に向けてできる、私たちにできることだと思います。
posted by きく at 20:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急、拡散希望:被災地からの報告 阪神震災とは違う実情

友人の日記より、転載させていただきます。

阪神淡路大震災の事例をもとに判断して、「現地活動はプロに任すべき」と
言われていますが、今回は実情が違うようです。


震災の規模が大きさ、被災範囲の広さ、それに加えて、津波による水没など
今までの震災と比較して非常に特殊だとのこと。
阪神淡路等の地震と最も大きく異なるのは、
自治体が機能していないのではなく、津波に流され存在自体が
なくなっている地域が多数あるそうです。

自治体経由の物資やもちろん、赤十字や国の対策本部や自衛隊からの救助や
支援や配給がまったく届かない「自治体の存在自体がなくなった地域」が
多数あるということです。

国や赤十字への寄付も重要です。
しかし、復興段階まで行かず生命維持が本当に危ういのは、
「自治体不在の孤立被災地」であり、それを担っているのは、
NPOやボランティアだそうです。

お願いします。
私はこの記事を読んで、これは拡散しなければいけない事実だと思いました。
遠方の私達にできることは、できるだけたくさんの方々にこの事実を知ってもらうこと。
特に自治体や企業につながりがある方は、ぜひ伝えていただきたいです。

寄付をするかどうかは、各自のご判断に委ねます。
特に怪しい要素はなかった、という情報は見ました。


私は今赤ちゃんを持つ母親です。
だから、「3日間、200〜300人の赤ちゃんがたった1缶のミルクを別けているという状況」
というところに特に反応しました。

でも赤ちゃんだけじゃなくて、今も多くの方々が
国からの支援も届かずに、命をつないでいるのだと思います。



広がるべき情報は、何もしなくても広がるかとは思いますが
ただこうしている間にも、現地ではたくさんの方々が命を危険にさらしています。
広げて下さる方が多いだけ、情報は速く流れます。

この日記にリンクをはっていただくだけでも構いません。
今、遠方の私たちにすぐにできることは、現地の実情をよりたくさんの方々に
知っていただくことだと思います。

どうか皆さまのお力をお貸しいただけたらと存じます。

====================================================================

まずは、これを読んで下さい。
「●重要●皆様に知っていただきたい事実」の部分です。


<被災地からの報告 阪神震災とは違う実情>
PC:http://anond.hatelabo.jp/20110317015611
モバイル:http://npo-uniken.posterous.com/46132557


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(上記URLの本文より)

(特に企業や行政の担当者に、皆様からご連絡いただけると助かります。)
今、「阪神淡路に基づく間違った情報」が流れることで、被災地の命が危ない状況です。
出来るだけすばやく、多くの人にこの情報を伝えてください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


正直、このソースについては未確認ですが、
おそらく、本人の一次情報ですし、正しいと思われるので
確認なしにここに貼り付けました。


必要とされているボランティアや物資などについても
現地にヘリコプター、燃料代、パイロットで数百万円をかけて
阪神淡路大震災といかに違うかを実際に見学してきた人達の情報です。



あなたに最初にして欲しい2つのこと


1.出来る限りこの情報を流す

2.阪神淡路大震災の事例を持ち出して、地震のボランティア論を語っている
ブログや日記があったら、その執筆者に上記URLを知らせる

※繰り返しになりますが、「阪神淡路に基づく間違った情報」が流れることで、
被災地の命が危ない状況です。



実際にボランティアや寄付をするかはあなたに任せますが、
阪神淡路大震災の経験のせいで、間違った意志決定をしてしまい
見殺しにはならないようにしましょう。


上のURLにも書いてありますが、
3日間、200〜300人の赤ちゃんで、たった1缶のミルクを別けているところあったそうです。


まずは、このURLを見て下さい。


<被災地からの報告 阪神震災とは違う実情>
PC:http://anond.hatelabo.jp/20110317015611
モバイル:http://npo-uniken.posterous.com/46132557
====================================================================

posted by きく at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

祈ることしかできない、じゃない

今回の東北沖大地震に関して
「祈ることしかできないなんて」と思う方々がいらっしゃいます

でも、
ただ祈ることしかできない、じゃなくて
「祈れることができるんだ」と思ってください


お金や物資を送るのが素晴らしいのと同じように
祈りを送ることも素晴らしいことです

世界中から、日本にエールが届いています
世界中からの愛に、日本が包まれています


祈りには力があります

私たちも愛と光を送りましょう
被災地にも、自分にも

* * *

イメージしてください
日本の大地に、光と愛が降り注ぐ様子を
地球が、光のベールで包まれる様子を
自分たちが、光輝く様子を

* * *

たくさんの存在が、日本を守ってくれています
たくさんの存在が、地球を守ってくれています


信じてみてください

祈りは、力です
誰にでもできる支援です

光と愛に包まれた日本をイメージしましょう

おそれるのではなく
心配するのではなく

日本の底力を信じましょう


あなたには力があります
みんなに力があります


目を閉じて
光に包まれる日本を想像してください
光に包まれる地球を想像してください

あなたのイメージは、力になります
日本の力になります
みんなの力になります

信じて
祈ってください
posted by きく at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

ご報告 愛を込めて

table

mixi日記では既に公開していたのですが
こちらのブログの更新がままならずだったので
改めて、ご報告させていただきますかわいい


私 きくは、冬至で大安吉日の2009年12月22日に結婚しまして、
姓が こなか になりました。


旦那様となったこなかさんは、
出逢えただけで本当に、心からありがとう、と感謝するくらい
私にとって 奇跡のような人です。

mixiでは、プロフィール欄にリンクも張っているので
ご興味ある方は、そちらをご覧ください☆


誠実で、しっかりと地に足がついていて、
今の自分があるのはすべて周りの人たちのお陰なんだよ、と
常に周囲への感謝の気持ちを忘れず

今までの経験もあって 人の気持ちや痛みが解りつつ
ただ同情するのではなくて その人をその人として受け入れては
大切な部分をしっかりと見据えて 自分の考えを述べることができる優しさを持ち

東京人的なビジネスマンで、まじめな面も持ちつつ
プライベートで会話したら さすが大阪人と思わせられるくらい 話が面白くて


過去、 「こんな人いたら良いなぁ。。」 と思っては
 「いないよ!」 「例えいたとしても、既に誰か他の人と一緒になってるよ!」
と色々なシーンで諭され、その都度諦めていたような存在です。


もう何から何まで本当に、こんな人が本当にいるんだということに
感謝する以外に思いつかないくらい

一緒にいて 心から尊敬できて 楽しめ 愛せて 幸せになれる人です。


よく言うじゃないですか?

『「好き」って言葉を何度も言っていたら
 言葉が持つ重みや価値が減っていくのでは?』 って。

でも本当にお互いがお互いを愛し 幸せで 心から尊敬していたら

「好き」 も 「愛してる」 も、いつも心からの言葉で自然に言えるんだなぁ、って
彼と付き合ってから知ることができました。



とある尊敬する方からいただいた言葉の通り、
私たちにとって、ここがゴールではなく、むしろここからが本当のスタートです。


彼にも私にも、目標があります。

まずは小さな一歩から、少しずつでも確実に
歩んでいこうと思います。


本当にマイペースな二人ですが、
謙虚な気持ちを忘れず 感謝の気持ちを忘れずに
進んでいこうと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。



新しい住まいは、
気軽に遊びに来れて、そのまま気軽に泊まっていけるような
そんな場所にしたいと思っています。

お近くにお越しの際は、ぜひ、お気軽に遊びに来てください。



既に2ヶ月と少しが経ちましたが、この2010年も、
みなさまにたくさんの愛と幸せが降り注ぎますように。

posted by きく at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タオ 老子

Tao

道(タオ)の働きは
名づけようのないものだ、
それというのもこれが
永遠のエナジーの流れだからなんだ。

このタオにつながる人の心は、
木で言えば、
伐りだされたばかりの木であり
割られていないものだ。
言わば、何にでも応じられる
一本化した心の状態なんだ。

もし指導者(リーダー)がこういう心でいたら
黙っていても、ひとはつき従うだろう。
そういう国土には
天と地が一緒になって、
やわらかな雨を降らせるだろう、
誰彼の選り好みなしにね。


ところで人間は
タオの無名の領域から
名を取りだして使いはじめた。
これは仕方のないことだがね、しかし
あらゆるものを
細かく分割して名をつけだしたために
危ないことになってきたんだ。

あくせくする人は、
どうか知ってほしい。
止まるところを知ったら、もう
危険はない、とね。
そして自分がかつて
伐りだされた木であったことを思い起こし、
ときにはそこへ帰ってほしい。

別の譬えで言えば、
はじめの自分は
谷川の小さな流れだった。
そしてその流れはゆったりと
海に至るのだ――君を運びつつ。


『タオ 老子』 加島祥造  筑摩書房  より


すごく良い本ですぴかぴか(新しい)

だんだんかわいい


ひなぎく
posted by きく at 11:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

どうして

どうして、
好きなのに、気持ちがすれ違うのかなぁ

どうしてこんな風になってしまったのだろう
どこからこんな風に変わってしまったのだろう


好きだから分からなくなる
好きだから気づけなくなる

それなら、
友達のままでいたほうが良かったのかも

好きになることで
一緒になることで
分かり合えないことに失望するなら

きっと一人でいるほうがずっとずっと優しく
ずっとずっと幸せでいられる
posted by きく at 19:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全力投球な自分

冗談でも大げさでもなく、
私はいつ死んでも良いと思えるくらい
悔いのない生活をしている。

例えば今何かがあってこの世から消えたとしても、
私個人は別に構わない。

生きたいように生きて、
したいことをして、
1日1日を目一杯楽しんだと思えるだろうと思う。


だけど自分がそうだからといって、
それを自分以外にも求めるのは

多分間違っているのだろう。


みんなそれぞれ、
自分が良いと思ったことを選択し
その積み重ねで生きている。

悔いが残る、と思うのは
まだ目標に向かう道の途中なのかもしれないし
今がんばり始めたところだからかもしれない。

悔いが残る生き方を、好んでしているのかもしれないし。


人は同じじゃない。
生き方も考え方も
観ているものも聴いている音も
たとえ同じもの、同じ音でも違う。


理解し合う、なんて幻想で
本当の理解は絶対にできない。


だから多分、思いやる気持ちとか
理解したいという気持ちが
大切なんだろうと思う。


私は、理解しようとしただろうか。
私は、常に思いやりの気持ちを持っていただろうか。


相手の世界の言葉で
話しかけようとしていただろうか。
posted by きく at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

てがみ

てがみをもらう

ぽつ ぽつ ぽつ


2時間おきに、3つのてがみ

携帯のてがみ


どうしたら良いか、分からない

外に出れば冷静になれるけれど
気づけばまた迷っていたりする


どんな態度で接したら良いのかな
私に何が言えるのか


言葉は思い浮かんでも
目の前に立てばまた言葉をなくしてしまう


できることなんて何もないし
したいことだって分からない

心がまいごみたい
posted by きく at 18:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

山川紘矢さん講演会

先日、山川紘矢さんの講演会に行ってきました。(*^^*)


山川さんはご夫婦で、「ザ・シークレット」「聖なる予言」「アルケミスト」
といった、世界中の多くの精神世界関係の本を翻訳されている方です。

どこか、際立った感覚をお持ちながらも
とっても、ほんわかーとした感じの方で、
講演会中もその前後も、終始笑顔で楽しそうだったのが
とっても印象的でした。(*^^*)

自然にこちらまで笑顔になる感じです。
語り口も柔らかで、聞かせ方もとっても上手だなぁと思いました。



一番印象的だった話があるので、まずそれから。

こんなことを言ったら「えっ?何を言っているの?」と
びっくりされるかもしれませんが、


すべての人が、愛の中で生きています。


例えば、お魚が水の中で生きていても
お魚は、いつも水の中だから、自分が水の中にいるとは
気づかないかもしれませんよね。

それと同じで、人は愛の中に生きていて
そのことに気付いていないだけなのかもしれません。


「愛はどこにあるの?」と訊かれたら、
ここにもあるしそこにもあるとしたら。
あなたの周りの、周囲全部が、実は愛で包まれているとしたら。(*^^*)


本当かな? とてもそんな風には思えない。
良いこともあれば悪いこともあるし。

人生、プラスマイナスゼロだと思う。


そんな風に思う方もいらっしゃるかもしれません。

そうですよね。 私も、そうかもなーって思うことがあります。


私の実体験を話しますと、
愛に生きていることを感じ、日々「ありがとう」と言い
幸せであることに感謝し、幸せなことにフォーカスして十分に感じる日々を続けると
本当にいろんなことが信じられないくらい上手くいくんですよね。


必要なものが必要なときに、与えられる。
全てのことは起きるべくして起きるもの、
だから、全てのことはうまくいく、と信じてみる日々を続けてみると

何か今までとは違ったことがあるかもしれないです。(*^^*)



音が同じ周波数の音に共鳴するように、
幸せや楽しみといった感情も、共鳴して引き寄せ合うそうです。

だから、幸せーって思っていると
幸せなことが引き寄せられて

こんな幸せが続くはずない、プラスマイナスゼロなんだから
きっといつか悪いことが。。。と思っていると
本当に、悪いことを引き寄せちゃうのだそうです。



ちょっとだけ、この瞬間だけ、目を閉じて想像してみるのはいかがでしょうか?☆

あなたの周りの空気が、

「大丈夫です。心配しないで。幸せになろう。」って

いつもあなたに伝えている光景。


ちょっと嬉しくて、優しい気持ちになっちゃいませんか?(*^^*)
私は、すっごい幸せになっちゃいます。笑



何か起きたとしたら、それは、そこから何かを学ぶために起きたこと。
そう考えていったら、自分自身も成長できるし、
感情的になることも少なくなるんですよね。


他人も自分も批判せず、自分のことを心から愛せたら
生きるのが楽になりますv

自分たちが愛の中で生きていると、全ての人が気付いたら
どんなにみんなが素直に自分を受け入れ、愛し、幸せになれるだろうなって思います。



『自分自身を知ることが、一番大切』

旧大蔵省(現財務省)のエリート公務員で、当時世界銀行で働いていた山川さんは
この一言をみんなに伝えたくて、
最初の本「アウト・オン・ア・リム」を翻訳したそうです。


自分自身を知るとは、どういうことか?
要約すると、

・自分を愛しているかを「知る」こと。
 自分を批判しない。自分を100%愛する。

・「この人生は幸せになるため」
 自分を愛し、大切にし、自分を批判しない。

・自分を愛せると、他人も愛せる。
 自分が幸せになって、他人が幸せになる。

・それが「何故ここにいるのか」「自分は何者か」を知ることにつながっていく。

・幸せになるのが大事。

・自分を見て、「自分を知る」ことがとても大切。


自分に与えられている全てを受け入れて、そこから思考を幸せにフォーカスすると
すごく心が穏やかになります。(*^^*)


「麻雀でもポーカーでも、最初に与えられた手札を見て文句言ってる奴は勝てない。
 人も同じで、手相を見ては『この手相のここが悪い』
 姓名判断を見ては『この名前のここが悪い』と言っている奴は、幸せになれない。
 手が無い人だっているんだよ。
 すべて神が与えてくれたものだ。それに文句言っちゃいけない。
 思考が大事。どういう考え方をするかが大事なんだ。」

とは、斎藤一人さんの言葉ですが、本当にそうだなぁと思います。


以前、寝る前に、「今日はどんな良いことがあったかなぁ」って
「感謝ノート」を作って書いていたら、
日々実は感謝することがたくさんあることに気付けました。(*^^*)

3日坊主くらいでしたけど(笑)
それだけでも気付くことができました。(*^^*)


みなさんも、良かったら試してみてくださいね☆


長い文章を読んでくださって、ありがとうございます!


お礼に、好きな曲一曲ご紹介します(*^^*)



だんだん(ありがとう)v


雛菊 こと きく
posted by きく at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

自分への問いかけ

周囲の人やものに気づかされて
ふと自分の在り方を思う。

私は今真剣だろうか。
100%、自分の人生を生きているだろうか。

目線が上になっていないだろうか。
自分を愛してあげているだろうか。

考えることは尽きないけれど
考えられることに幸せを感じる。


ありがとう。
だんだん。

ひなぎく
posted by きく at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。